【エスプレッソマシン】使用後の清掃(クレンリネス)スチームノズル編

エスプレッソマシンのスチームノズルは使用したらすぐに布巾でしっかり拭いてあげる必要があります。
気をつけていても何回も使っていると付着したミルクが固まってきてしまいます。当然内部にもミルクの膜ができています。

「ミルクが付着したスチームノズル」

あまりにもミルクが固まってくるとスチームの圧力にも影響がありますし、何より見栄えが良くないですよね。

そこで、定期的なメンテナンスとして薬品を使った清掃を行います。

登場するのは以前、ESPRESSO PARTSで購入したものを使います。

「ESPRESSOPARTS ESPRESSO MACHINE CLEANER BY PURO CAFF」

こちらはエスプレッソマシンのグループヘッドを清掃する「バックフラッシュ」にも使います。

ネットで購入が出来ますが、以前はホームセンター等で売っているコーヒーメーカークリーナーのクエン酸が成分のものを使ってました。

使用方法は小さじ一杯をミルクピッチャー等にいれてお湯で溶かします。

「熱湯で溶かしましょう」

たっぷりと注いだらミルクをスチーミングする容量でスチームバルブを開きます。

※ヤケドにご注意ください。

「スチームを開いてごぼごぼと」

2、30分ほど放置しておくと、スチームノズルの表面についていたミルクの膜がはがれているかと思います。

再度、スチームバルブを開き布巾でキレイに拭き取りましょう。

「ぴっかぴかです」

スチームノズルをキレイに保つ事は美味しいスチームミルクを作るために必要不可欠な要素ですので定期的なメンテナンスを心がけたいです。


カテゴリー: エスプレッソ, エスプレッソマシン, ミルクスチーミング, 清掃道具 タグ: , , パーマリンク