とりあえずラテアートを作りたい人の家庭用エスプレッソマシンの選び方

 

自宅でおいしいカフェラテを飲みたい!

ラテアートをやってみたい!

というニーズを満たしてくれるエスプレッソマシン。

しかし家庭用のエスプレッソマシンといっても様々な種類が並んでいてどれを選んでいいのかわかりません。

そんな疑問を解決すべくご自身のエスプレッソライフにあったマシンを選ぶ手助けとなればと思います。


まず、エスプレッソマシンといってもピンキリでグレードも様々です。
全体像をざっくりと見ていきましょう。

グレード 用途 価格 代表ブランド
コマーシャルマシン カフェやレストランで使うような業務用エスプレッソマシン 100万円以上 チンバリ、ラ・マルゾッコ、エレクトラ
セミコマーシャルマシン 小規模店舗や本気のエスプレッソ好きが家庭で使うようなマシン 20万以上 チンバリ、ラ・マルゾッコ、ECM GIOTTO
家庭用マシン
(上位機種)
家庭で美味しいエスプレッソと上質なスチームミルクを作りたい方向け。 10万円前後 la Pavoni(ラ・パボー二)、Rancilio
家庭用マシン
(初心者向け)
比較的安価な価格で購入できる入門用エスプレッソマシン 2~3万円 デロンギ、サエコ

 

コマーシャルマシン、セミコマーシャルマシンはカフェやバール等で使われるもので
一台50万〜数百万円くらいになります。主題から外れるのでここではあまり触れません。
興味のある方は以下の記事で眺めてみてください。
美しすぎるエスプレッソマシンの画像をただただ眺める
美しすぎるエスプレッソマシンの画像をただただ眺める PART2

 


 

掛けられるコストやモチベーション、技術を考慮しながら

表の「家庭用マシン(上級マシン)(初心者向け)」を選択するのがいいでしょう。

 

 

「家庭用マシン(初心者向けマシン)」

家電量販店やamazon、楽天等で販売されていて価格も1〜3万円位となり、

新しい趣味を始める投資としてはそこそこかと思います。

ボディやポルタフィルター、スチームノズルの質感には若干安さを感じますが、

しっかりとエスプレッソを抽出し、スチーミングを行えばラテアートも自由自在に出来ます。

気をつけたい点として、エスプレッソの圧力は9気圧と書いてあってもそこまで根性がありませんので、エスプレッソ用に豆を細かくひいてタンピングをしっかりして抽出しようとすると一滴も落ちてこないという事もあります。スチームの圧力も容量もそこまでないので一杯分スチームしたら蒸気をためる必要があります。

 

■デバイスタイル TH-W020(1万円前後)

 

シンプルかつ、ブラックでマットなエスプレッソマシン。
写真で見るより実際の質感はチープです。
実際使ってみて気になる点としてはエスプレッソ抽出時のモーター音がうるさいかなと思いました。

スチームノズルにはミルクの泡立てをフォローしてくれるプラスチックのノズルがついています。ポジションさえ間違えなければ割と簡単にミルクを泡立てる事ができます。
エスプレッソポッド対応。ラテアート作成確認済みです。

 

 

■デロンギ EC200(1〜2万円)

ドラえもんのような容姿ですね、こちらもよく見かけます。エスプレッソポッドに対応しているので手間をかけずカプチーノを飲みたいという方にはお勧めです。半年間ほど使用していましたがスチームはなかなかキレイにできるようになりました。

上記EC200の最新版が発売されました。機能面での変更はそこまでなさそうです。

■サエコ(2〜4万円)

サエコのマジックカプチーノやスタバで販売していたエスプレッソマシン2種類を使用した事があり、愛着があります。

個人的にはデロンギより好きです。しかしながら家庭用マシンの生産はいましていないようで、ラインナップが全自動マシンになってしまっていますね。

 

 

「家庭用マシン(上級マシン)」

家庭用の中でも高価で高機能なものを紹介します。

このクラスはボディの質感、スチームの力、エスプレッソ抽出能力が初心者向けのそれと比べても歴然です。

その分値段も高くなっており、10万を超えてきます。

業務用マシンを触っていて、安価なマシンでは満足できなくなっている方、下位マシンからのグレードアップ、一気に高みを目指したい方にお勧めです。
■アスカソASCASO
1960年代から続く、スペイン生まれのエスプレッソマシンメーカー「アスカソASCASO」
そのかわいらしいデザインとは裏腹にレベルの高いエスプレッソとスチームミルクを家庭で楽しめます。

 

■Rancilio Silvia

ステンレスの質感、パーツそれぞれがワンランク上ですね。

エスプレッソ抽出後に圧力を逃がす仕組み3方向バルブというものがついているので連続抽出が可能です。

(この3方向バルブがないとエスプレッソ抽出後すぐにフィルターには圧力が残っているので外すと危険です。)

エスプレッソ抽出、スチーミングの力は十分にあります。

大一電化「Rancilio Silvia」販売ページ

 

 

■ISOMAC Venus

その名に負けない美しさを兼ね備えたエスプレッソマシン。

安定したエスプレッソの抽出とスチーミングが行えます。

こちらも三方向バルブがついています。

大一電化「ISOMAC Venus」販売ページ

 

 

■la Pavoni ユーロピコラ

1901年からの歴史があり、エスプレッソマシンのロールスロイスといわれるブランドです。

電動モーターを使わずレバーで圧力をかけるので非常に静かでレトロな雰囲気が演出できます。レバーの操作でエスプレッソの抽出をコントロールできるのはなかなか粋です。

機械の構造が非常にシンプルなため、壊れにくく長くつきあえるマシンです。

こだわり派にお勧めですね。

la Paovni online「ユーロピコラ」販売ページ

 


 

最近は様々なエスプレッソマシンが販売されています。

ご自身の生活スタイル、やりたい事とベストマッチするエスプレッソマシンを選んでいただけたらと思います。

 

 

エスプレッソマシンを手に入れたら早速ラテアートに挑戦してみましょう。

 

【参考記事はこちら】
【ラテアート】東京周辺でラテアート教室・講義が受けられるカフェや教室の紹介

 

【ラテアート】雪だるまカプチーノの作り方

【ラテアート】ハートの作り方

【ラテアート】リーフの描き方

【動画】チョコシロップで簡単ラテアート

【動画】ミルクフォーマーで簡単ラテアート

 

とりいそぎラテアート・デザインカプチーノを作るためのおすすめミルクピッチャー・ミルクジャグまとめ

 

とりいそぎラテアートをしたい人のためのネットで買えるコーヒー豆まとめ

※補足

「ラテアートにお勧めできないエスプレッソマシン」

個人的にあまりお勧めできないエスプレッソマシンにも触れておきたいと思います。

 

・全自動型エスプレッソマシン

エスプレッソを自動で抽出してくれるものや、豆を挽いてくれるものまであります。

非常に便利ですが、故障のリスクやこだわりを反映できない部分が気になるところです。

 

・ドリップメーカーとエスプレエッソが一緒になったもの

どちらの用途も中途半端となりおすすめできません。

・ポッド専用エスプレッソマシン
専用のポッドのみしか使えず、自分で豆を買ってきても使えないものもあります。
ライフスタイルによってはそれで良いかもしれませんが、様々なお店のコーヒー豆を
選んで挽き具合を調整しながら楽しむ事も一つ失いたくない要素ですよね。

 



カテゴリー: エスプレッソ, エスプレッソマシン, エスプレッソ抽出について, ラテアート タグ: , , , , , パーマリンク