【コーヒー豆】超高級豆 コピ・ルアク

超高級豆「コピ・ルアク」とは?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak)とはインドネシアでとれるコーヒー豆です。
その価格は100gで4,000円以上。一杯でも2,000円とかとられる事もあります。

高価なコーヒー豆ということで映画やテレビでもよく紹介されています。


「かもめ食堂」


「最高の人生の見つけ方」

おもしろいのは「コピ・ルアク」の作り方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コピとはインドネシア語でコーヒー、
ルアクはジャコウネコの現地での呼び名です。

インドネシアではコーヒー豆が栽培されていますが、
よく野生のマレージャコウネコに食べられていたようです。

果肉はジャコウネコの体内で消化されますが、コーヒー豆の部分は
消化されずそのままとして排出されます。

その糞からコーヒー豆を取り出し、綺麗に洗い焙煎をして飲んだところ、
何とも不思議な風味と香りがあり、流通していったとのことです。
(なぜ、糞まみれのコーヒーを飲まなければならなかったか?
 当時のインドネシアは貧しく、飲めるコーヒーは売りに出し、
 自分たちはしぶしぶ糞からとったものを飲んでいたという話があります。)

当然、生産量も少なくなる訳で値段も高価になるという訳です。
ジャコウネコの胃袋の中で発酵したコーヒー豆はなんとも絶妙な味がするとの事で。

「彼の仕事は珈琲の実をたべてうんこをすること。」

コピ・ルアクが買える・飲める場所
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ザ・リッツ・カールトン東京 ザ・ロビーラウンジ&バー
「一杯5,500円!!!?」

ま、ネタってことで一回飲んでみるのはありかもしれません。



カテゴリー: エッセイ, コーヒーにまつわるコラム, コーヒー豆, コーヒー豆が買えるお店 タグ: パーマリンク