3Dラテアートに挑戦!作り方簡単に載せてます。

ラテアートとはご存知、エスプレッソとスチームミルクで描くハートや葉っぱ等の模様ですが、今回は3Dのラテアートに挑戦してみます。

 

一度お店で出てきたのがクマの3Dラテアート。顔の部分にふっくらとフォームミルクが盛り上がっており、見事に立体的な芸術となっていたわけです。

早速3Dラテアートに挑戦

まずいつものようにエスプレッソを抽出し、中央に円を書くようにスチームミルクをそそぎます。

3dlatte01

ここでもう一つ、立体ラテアート用のフォームをスチーミングします。通常のラテアート用よりも多く空気を含ませつつ滑らかに泡をつくっていきます。

立体ラテアート用の泡が出来たら、あらかじめ作っておいた円の中央にそっと乗せていきます。

3dlatte02

 

ここで泡が柔らかいとすぐに平坦になってしまうのでメレンゲのようなしっかりとした泡を作るのがポイントです。

ある程度の輪郭が出来ましたので、楊枝にエスプレッソの茶色い部分をつけ、耳や目を書いていきます。口の部分は立体的に書く必要があるので、クマのどこに口があるかを思い出しながら注意深く書き上げましょう。

3dlatte03

 

完成

鼻とヒゲを書いて完成です。どこから見ても臨場感のある立体3Dラテアートの出来上がりです。しかしながらネズミのような顔になってしまいました。

 

3dlatte05

 

下からのアングルだと柴犬のようにも見えますね。

3dlatte04

撮影中も徐々に立体に乗せたミルクが平面化していきます。

3Dラテアートは事前にしっかりと設計をしておき、正確かつスピーディーに構築するのが吉かと思われます。

また別の絵柄で挑戦してみようと思います。

 


カテゴリー: エスプレッソ, ラテアート パーマリンク