【YOUTUBE動画】エスプレッソの淹れ方とミルクスチーミングが非常に分かりやすく説明されている動画、ただし英語。

しっかり抽出されたエスプレッソと綺麗にスチーミングされたミルクは美味しいカフェラテを作る上で非常に重要な要素となってきます。

20130128-170422.jpg

もちろんラテアートを作る上で以下2つなくしては見た目にも良いものは作れません。

・正確に抽出され、クレマがしっかり出たエスプレッソ

・ベルベットのようにきめ細やかにスチーミングされたフォームミルク

 

様々な書籍等で読んでみたところで重要なポイントはつかんだと思いながらも実際のモーション等は伝わりにくい部分があります。

そこで今回、

「エスプレッソを淹れる」「スチームミルクを作る」という二つのが学べる動画をYOUTUBEで見つけてみました。ただし英語なので分かる範囲でtipsをまとめてみたいと思います。

 

Make the Perfect Espresso Shot(最高のエスプレッソの淹れ方)


[tips]

  • 事前にポルタフィルターは乾いたタオルで豆かすや水気をしっかり拭き取る。
  • ポルタフィルターに豆を小さな山が出来るくらい挽き、指で均等になるようにそっとならしていく。
  • タンパーはフェンシングのように持つ。(1:35)
  • 腕は90度に曲げ、30ポンド(15kgくらい?)で均等に押す。
  • 理想のエスプレッソ抽出時間は25秒くらい。
  • 最初は濃いエスプレッソカラーから徐々に淡い色になっていく。色の変化を動画で確認してください。(2:50)

 

How to Steam Milk for a Coffee Drink(コーヒー用のスチームミルクの作り方)

  • ミルクはしっかり冷やしておく。
  • スチームを全開にし、最初に少量の空気を入れる。
  • ピッチャーのそこに手を添えて、触れなくなるくらいの温度が適温。
  • 理想のミルクは細かい泡、大きい泡は珈琲の香りを閉じ込めてしまう。
  • カプチーノとラテの違いはフォームの多さの違い。

 

細かい部分はおぼろげですがおおよそこんなものかと思います。実際のエスプレッソの色の変わり方や、スチーミング時のミルクの音等、なかなか書籍では伝わりにくい部分をこの動画で見つけていただけたらと思います。

ラテの作り方を学びつつ英語のヒアリング能力もつけられるので一石二鳥ですね。


カテゴリー: エスプレッソ, エスプレッソ抽出について, ミルクスチーミング タグ: , , パーマリンク