【ドリップコーヒー全般】ペーパードリップでの抽出

コーヒーの淹れ方は様々ですが、
その中でもなじみ深いペーパードリップでの淹れ方を紹介します。

まずお湯を沸かしますが沸騰したお湯をそのまま使うと
コーヒー豆がこげて苦味の多いコーヒーができてしまうので
少し冷ますか、やかんからコーヒー用ケトルに移すことによって温度を下げます。
沸かすお湯の量は一杯を抽出するときでも多めの量を沸かします。

ケトルにお湯を移したらコーヒーカップやサーバーをお湯で温めて起きます。
これはコーヒーが冷めないようにするためです。
さらにケトルの注ぎ口も温まり、抽出温度のムラが少なくなります。
このお湯の量も考えて多めに沸かしましょう。

サーバーのお湯を捨ててドリッパーとフィルターをセットし、
挽いた豆をその中に入れます。
1人前15g前後で水は180cc位です。

凹部分の中心に少しずつお湯をたらし中心部分をムラなく湿らせます。
このとき紙フィルターに直接水がかかってしまわない様に気をつけます。
下からコーヒーがぽつぽつと垂れてきたらいったん注ぐのを止めます。
ここで新鮮な珈琲豆だとお湯を吸い込んでドーム状にに膨らんでいきます。
この状態が「蒸らし」と呼ばれるものです。

だいたい20~30秒で豆の膨張がとまります。
ゆっくりとドームの中心をめがけお湯を注ぎます。

するとドームの天辺から細かい泡がぶわっとでてきます。
この泡の細かさで焙煎の完成度がわかるとも言われてます。

ドーム状の天井をゆっくり広げるように「の」の字を書くように
お湯を注いでいきます。
この時もお湯はまめに直接当てるようにして、
紙フィルターにはかけないようにしましょう。

ドリッパーいっぱいまで注いだらいったん注ぐのを止めます。
ドームが凹まないうちにまた注ぎます。

豆の量に対した抽出量がとれた時点で上にお湯が残っていても
すぐにドリッパーをはずします。
上に残っているコーヒーをすべて落としてしまうと余分な味や
変な苦味が増してしまいます。

サーバーに一人分、2人分の目印をつけておくとよいでしょう。


温めておいたコーヒーカップに注ぎ完成です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です